ハチやイタチの被害に遭う前に蜂駆除イタチ駆除の業者に相談しよう

万全な状態で駆除しよう

蜂

アシナガバチの巣を駆除する時は、繁殖期や働き蜂の活動する時期をずらして行うようにし、防護服などの準備をしっかり行ってから作業する必要があります。もし刺されてしまった時は、すぐに救急車を呼んで病院を受診してください。

時に深刻なコウモリ被害

蜂の巣

アブラコウモリは時には屋根裏などに住み着く場合もあり、糞尿被害を受けることがあります。害虫を餌にするコウモリは鳥獣保護法で守られており、むやみに殺処分は出来ません。また非常に小さい穴からも出入り可能で侵入口の特定が難しいとされています。そのためにコウモリ駆除は専門の業者へ依頼するようにしましょう。

被害に遭わない為に

蝙蝠

ゼロファクターの真実〜ヒゲは薄くなるのか?〜

鎮静・引き締め・潤いのトリプルアフターケアが魅力です!ひげ剃りの後にはゼロファクターがイチオシです。

日ごろの点検で被害を防ぐ

蜂の巣は、人が気が付かないうちにあっという間に巣を作ります。民家の軒下や、ベランダの隙間、庭に植えている木の隙間など、人の生活範囲にズカズカと入ってきて巣を作ります。これはイタチも同様です。蜂の巣が大きくなる前やイタチが繁殖してしまう前に退治を行うために、大切なことがあります。それは、日ごろから自宅や自宅周辺の庭や倉庫などを点検することが大切です。蜂やイタチは巣を作る前には、そこに巣を作るか慎重に見回ります。いつも見ない蜂やイタチが同じ場所で何匹も回っていたり、動きを止めている時は、巣を作り始める前触れかもしれません。普段の家や庭の様子を確認することで、蜂やイタチが巣を作る前に、退治スプレーで予防したり業者に依頼してイタチ駆除できます。蜂やイタチを寄せ付けない環境を作ることができます。しかし、日ごろから確認をしていても、分かりにくい場所に巣を作られてしまうこともあります。人の手が届かない高い場所や屋根裏に入り込んで巣を作られたときは、恐ろしい巣が出来上がっていたということもあります。

素人判断で駆除はしない

蜂やイタチの巣の退治については、素人が手を出すのは大変危険です。専門のハチ駆除やイタチ駆除業者に依頼するのが最も安全ですが、自分で駆除する場合には、まず蜂やイタチの巣の様子を安全な所から注意深く観察します。蜂やイタチは巣に人が近づくと、威嚇や攻撃をしてきます。人が巣の存在に気づいていない場合は、知らず知らずのうちに巣に近づいてしまい、刺されたり噛まれたりすることもしばしばあります。蜂は、黒い色に反応し、攻撃的になりますので、外出する際や、蜂のいるような場所に近づく時には、白色の服装を着用するようにします。また、髪や目も保護するため、帽子やメガネを付けることも大切です。イタチの場合は小さい子供の場合は攻撃性が低いため、ご家庭でも不意に見かけることがあるでしょう。しかし、子供だからと油断してはいけません。子供でも牙や爪といったものがあるため危険なのです。大人のイタチになると非常に攻撃性が強く、動きも素早いため近づくのは危険です。発見した場合にはなるべく早く専門業者に依頼しましょう。その他にも家庭で注意すべき害虫にトコジラミが挙げられます。トコジラミは吸血するため噛まれてしまうと赤くブツブツができてしまったり、激しい痒みや痛みを伴うので見つけ次第すぐにトコジラミ駆除を行なってくれる専門業者に依頼するようにしましょう。