ハチやイタチの被害に遭う前に蜂駆除イタチ駆除の業者に相談しよう

  1. ホーム
  2. 時に深刻なコウモリ被害

時に深刻なコウモリ被害

蜂の巣

とても小さいイエコウモリ

アブラコウモリは、日本にいるコウモリの中では唯一、人の暮らしに近いところに生息しています。別名をイエコウモリとも呼ばれています。夜行性であるために、普段に人と接することはあまりありません。そして蛾やユスリカ、ゴキブリといった虫を餌としているために、一概に害獣と言えるわけではありません。しかし、屋根裏に住み着いた場合は、糞尿が天井から染み出したり、フンが乾燥して飛散することによってアレルギー症状を引き起こすこともあります。そのために、暮らしの中に入り込んでいる場合はコウモリ駆除が必要になります。コウモリ駆除は思ったよりも大変です。なぜなら、アブラコウモリは体長が5cm前後、体重は10g以下と大変小さい動物です。そのために、2cmほどの穴が開いていれば簡単に家の中に入り込んでしまうのです。ですからコウモリ駆除をしようとした場合は、専門の業者に頼むことがベストといえるのです。

依頼は専門業者へ

コウモリ駆除は、殺処分が難しいと言われています。害虫を捕食するコウモリは、鳥獣保護法で守られているからです。そのためにコウモリ駆除の主な目的は、住み着いたコウモリを追い出し、二度とは入れないように穴や隙間を埋める事なのです。たった2cmの穴や隙間を見つけ、侵入口を特定することは素人には極めて難しいと言えるでしょう。またコウモリは集団で住みつく習性があり、気づかないうちに繁殖して数を増やしている可能性もあるのです。コウモリの繁殖期は7〜8月の暑い時期です。この時期は追い出す作業が非常に困難な時期に当たりますので、出来ればこの時期を避けた方がいいでしょう。そして確実に駆除するために、専門の業者へ依頼することをおすすめします。